夏こそ大人ニキビをどうにかしたい!

夏に向けてニキビケア

暑くて爽やかなアウトドアが楽しい季節、そんな夏がもうすぐそこまで迫ってきています。ですが、体調がよくて天気もいいのに顔がニキビだらけだったら外に出たいという気分が一気にどん底にまで追いやられてしまうはずです。楽しい気分で盛り上がっていても小さなニキビを一つ見つけてしまっただけでもテンションが下がってしまうことでしょう。

夏は湿度も高く肌も乾燥しづらいというイメージからニキビとは無縁の季節と勘違いしている方も多いはずです。ですが、実際には夏こそニキビに注意しなければいけない季節なのです。むしろ1年間の中でもっともニキビのリスクが高い季節といえるでしょう。一度ニキビの出来やすい肌環境になってしまったら、その夏はにきびとの闘いにのみ集中しなければいけない夏になる危険性すらあるのです。

夏になる前にしっかりとしたニキビケアや知識を持っていればそんな悩みも大幅に削減されます。そのための方法をいくつか紹介していきたいと思いますので参考にしてみてください。

夏のニキビの原因

まず、何故夏はニキビの季節と呼ばれているか。その原因を知る事でニキビ対策の質を高めましょう。

そもそも、ニキビとは毛穴で発生した炎症のことを指します。炎症の主な原因は細菌や皮脂、角質などにあり、悪化すると痕が残る場合もあるのでしっかりとしたケアをどれだけ迅速に行えるかが勝負の鍵となってきます。もうお気づきだと思いますが、毛穴というのは炎症を起こしやすい部位なのでどうしてもすぐに目に見える症状として現れてしまいがちなのです。

話を戻しますが、「なぜ夏に注意」なのか。それはニキビの原因である皮脂や角質、細菌などがもっとも発生しやすい季節だからです。
夏はよく汗をかくと思います、汗を沢山かけば雑菌などが繁殖しやすい環境になります。さらに、夏は皮脂の分泌が一年でもっとも盛んな季節なのです。
極めつけは、角質です。夏は紫外線や冷房、水道水の中の塩素濃度など原因は様々ですが普通に生活しているだけで肌への外的ダメージが非常に多い季節なので、それだけ角質も剥がれやすくなり弱い角質が表面に出やすくなるのです。

夏に皮脂や汗、角質が沢山出てしまうのはもはやどうしようもない事なので、それら全てを踏まえたうえで肌を清潔に、健康に保つ事が一番のニキビ対策といえます。

もちろん肌だけではなく髪の毛や瞳、露出している部分は全て目に見えないダメージを受けているのでそれぞれの対策をきちんとするようにしましょう。

最近ですと、お肌をいつまでも若々しく保つためのヒアルロン酸関連のコスメが人気です。刺すコスメ『ヒアロディープパッチ』なども人気ですね。